医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 耳の病気 > 真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の一部が内側(中耳)に陥凹しておきる中耳炎です(先天性真珠腫の場合は鼓膜に関係なく中耳に存在します)。
腫という字があるので、腫瘍と間違えられやすいのですが、腫瘍ではありません。
鼓膜の表面は外耳道の皮膚と連続していますので、角化物(垢)が出ます。正常な場合、その垢は皮膚の自浄作用により外側に耳垢として排泄されますが、鼓膜が陥凹するとその内側に角化物が溜まりやすくなります。
この角化堆積物が、細菌や真菌の培地となり感染、炎症がおこります。この炎症により、周囲の骨を破壊しながら増大するとされています。

症状

中耳には大事な器官がたくさんあります。
耳小骨(音を伝える小さな骨)や蝸牛(音を電気信号に変える器官)が壊されれば、難聴になります。
特に蝸牛の機能の低下を手術で直すことは現在のところ不可能です。
また、半規管(平衡感覚をつかさどる器官)が破壊されると、めまいが起こります。
中耳には、顔面神経が走行していますので、真珠腫によって顔が曲がってしまうこともあります。また、炎症によってくさい臭いのする耳だれが、よく出るようになります。

治療

基本的には、手術による真珠腫除去です。
鼓膜の陥凹が浅い場合には、経過を観察したり、鼻からカテーテルによって空気を送る方法(通気療法)が取られる場合があります。
当院では手術の場合、5~6日間の入院で行うことがほとんどです。手術中にめまいが生じる危険がないと思われる症例に対しては、基本的に局所麻酔で行います。
手術時間は、約2~3時間です(病変の程度により変わります)。

  • 正常の鼓膜
    正常の鼓膜
  • 真珠腫性中耳炎
    真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎と鼻すすりの関係について

H16年より東北大学耳鼻咽喉・頭頚部外科との共同研究にて、真珠腫性中耳炎と鼻すすりの関連について調査しました。
真珠腫性中耳炎の多くは鼓膜の陥凹によって発生しますが、鼻すすりの癖を持っている人は、そうでない人の約10倍の確率で鼓膜が陥凹するとの結果が出ました。これは、鼻すすり癖が真珠腫性中耳炎の一因となっている可能性を示唆するものです。
鼻すすりはやはり鼓膜には良い影響を与えないようです。

一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内
ページの上部へ戻る