耳から出血の原因と治療方法

耳から出血する・・・そんな時は

概要耳から出血している場合は、表面の耳介や鼓膜までの外耳、その奥にある中耳と内耳などのどこかにトラブルが起きている可能性が高いです。そのため、まずはどこに問題が起きているのかを調べることが必要です。

原因

原因耳からの出血原因として多いのが耳かきです。耳垢が溜まりすぎたことで聞こえが悪くなる耳垢塞栓もありますが、通常は外耳道の皮膚が奥から外へ移動していくため、耳垢が内側に溜まってしまうことはほとんどないでしょう。
外耳道の皮膚は薄く、耳垢はそれを保護して雑菌から守る役割も持っているため、頻繁に耳掃除をするのはやめましょう。また、耳掃除の際には、綿棒などのソフトなものを使用して、できるだけ優しく掃除してください。なお、耳掃除で逆に耳垢を奥に押し込んでしまうことも多いので、小さなお子さんなど耳掃除が難しい場合は遠慮なく当院までご相談ください。

出血が起こっている場所

耳介

耳の皮膚は薄く、さらに耳介には後耳介動脈や浅側頭動脈などがあるため、ちょっとした外傷でも大量に出血してしまうことがあります。出血してしまった場合、感染しないように清潔なガーゼなどで止血した状態でご来院ください。
外傷を放置したことで耳介軟骨膜炎などに感染し、耳介そのものが変形するケースも珍しくありません。柔道選手などに多い、いわゆる「柔道耳」は耳介血腫といい、強い圧力を繰り返し受けることで皮下出血を起こして耳介が変形したものです。

外耳道

外耳道とは、耳の穴の入口から鼓膜までの間のことです。ここで起こる出血のほとんどは耳かきが原因となっており、しばらくすると自然に出血は止まります。その他、外耳道が炎症を起こす外耳道炎で出血することがあり、その場合は鮮やかな赤色の出血がみられます。
また、外耳と中耳を仕切る鼓膜から出血する場合もあります。鼓膜からの出血している場合も、原因の半数は耳かきとなっています。鼓膜からの出血は痛みは強いものの、出血量は多くありません。水疱性鼓膜炎で水疱が破れて鼓膜から微量の出血が起こる場合もあります。加えて、耳への平手打ちやボールが強くぶつかることなども外耳道出血の原因となります。

中耳

中耳は鼓膜によって外部と隔離されているため、外傷による出血はほとんどなく、病気に伴うものがほとんどです。その多くは中耳炎が原因となっています。
急性中耳炎が悪化すると、鼓膜を破って耳だれが出てきますが、この時に鼓膜からの血液が混じることがあります。また、炎症による出血が耳だれに混じる場合もあります。鼓膜に穴が空いた状態で耳だれが出る慢性中耳炎では、化膿による膿に血液が混じるケースもみられます。なお、真珠腫性中耳炎では血液が混ざった耳だれがありますが、この場合は悪臭が強いことが特徴です。

内耳

内耳からの出血は、目に見えることはほとんどありません。まれに出血がみられる場合は、側頭骨骨折など重度の損傷が内耳や外耳道などに達しているといった特殊なケースになります。内耳内の動脈やその分枝である小血管からの出血が起こる疾患もありますが、その場合も外部への出血はありません。

耳の皮膚がん

まれに耳に皮膚がんができることがあります。これは肉芽など炎症性の腫瘍が変性してがん化したもので、進行すると痛みや出血が生じます。多くは中耳にできますが、中には耳介に出るものもあり、難聴、耳鳴り、めまいなどが伴う場合もあります。また、中耳炎を併発してその治療中に発見されることも珍しくありません。進行状況によっては平衡器官や神経系にも影響が出てくるため、顔面神経麻痺、吐き気や嘔吐といった症状が現れるケースもあります。

考えられる疾患と治療方法

耳介の外傷

耳の皮膚は薄く、さらには後耳介動脈や浅側頭動脈などがあるため、ちょっとした外傷でも大量の出血が起こりやすい部分です。まずは感染を防止するため清潔なガーゼなどで止血し、速やかに当院までご連絡ください。

耳介軟骨膜炎

耳介は上皮がとても薄く、3分の1ほどが軟骨でできています。そのため、ちょっとした感染でも軟骨の骨膜まで炎症が拡がってしまう傾向があります。感染から耳介軟骨膜炎が起こると、耳介が腫れて血腫ができてしまい、耳介が変形してしまいます。感染は外傷や圧迫、虫刺され、ピアスなどの刺激が原因となって起こります。原因菌は緑膿菌やブドウ球菌などが挙げられます。
耳介軟骨膜炎は、耳介表面の赤みやわずかな腫れから始まり、徐々に腫れが強くなっていきます。同時に熱感や疼痛が起こる場合もあります。赤みや腫れがあったら冷やし、早急に受診してください。早期治療で耳介の変形を防ぐことができます。
治療の際は抗生剤や消炎鎮痛剤で炎症を鎮め、腫れている部分を冷却します。炎症が強い場合はステロイドの塗布や注射などが使用されることもあります。進行すると、耳介軟骨が露出することがありますが、そうなってしまっても狭い範囲にとどまっている段階であれば、保存療法が可能なケースもあります。ただ、耳介軟骨の露出が拡がってしまった場合には手術による修復や植皮が必要になります。

耳介血腫

耳介血腫とは、耳への圧迫や刺激が繰り返されることで、皮下出血が血腫となったもので、一般的に柔道耳と呼ばれています。最初は皮下に青赤色の腫瘤がみえ、徐々に黄色い液体に変わっていきます。そのまま放置していると感染による耳介軟骨膜炎を起こす可能性があり、軟骨が変形してしまうこともあります。
治療では、針を刺すことで血腫の内容物を吸引除去します。再び滲出液が溜まって血腫ができるのを防ぐ目的で、耳介両側にガーゼタンポンを縫合固定します。これにより、滲出液が溜まる空間がなくなるため、再発を防ぐことができます。ドレーンを残して滲出液を排出させる方法もあり、その際にも圧迫固定を行います。すでに変形してしまっている場合は形成手術が必要になることもあります。

耳かきなどによる外傷

外耳道には皮下組織がほとんどないため、耳かきなどにより出血が起こりやすくなっています。出血が止まっても、かさぶたができることで、かゆみを感じてかいてしまい、再び出血するケースがありますが、それを何度も繰り返すと感染リスクが高まります。大量出血することもありますが、外傷による出血は自然に止まります。ただし、感染が起こる可能性があるため、必ず受診してください。

外耳道炎

耳かきによる傷が原因となって起きることが多いですが、健康な状態であれば自然に治ることがほとんどです。糖尿病や免疫疾患などがあり、免疫力が低下している場合には、外耳道炎を繰り返すことがあります。
治療では、外耳道を消毒して患部に抗生剤や副腎皮質ステロイド薬の入った軟膏を塗ります。まれに緑膿菌を原因菌とした悪性外耳道炎という進行性の外耳道炎が起こる場合があり、発症すると外耳道周囲の軟骨や骨を破壊して頭蓋内にまで達するケースがあります。

外耳道湿疹

外耳道炎に外耳道湿疹を併発すると、強いかゆみを感じます。患部に触れると悪化してしまうので、早めに受診してください。原因はシャンプーや化粧品などに含まれる化学物質の刺激であることが多く、アレルギー体質などの体質的な要素によって発症します。
ひどくなると水疱や表皮から角質変が剥がれ落ちて耳だれが起こる場合もあります。症状が出たら、まずは原因だと思われるシャンプーや化粧品の使用を中止しましょう。治療の際はステロイド軟膏の塗布、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などを使用します。

真菌感染

カビの一種である真菌による感染で、とても強いかゆみを感じます。外耳道炎の合併症で真菌感染が起きている場合には、外耳道炎の治療で使う抗生剤や副腎皮質ステロイド薬が真菌を増殖させているケースがあるため、適切な時期に薬の切り替えを行います。真菌感染自体には、抗真菌薬の塗布や内服で治療します。

外傷性の鼓膜穿孔

鼓膜の出血は、ほとんどが耳かきや平手打ちなどによる外傷で起こっています。鼓膜からの出血はわずかな量であり、自然に止まります。一時的に聞こえが悪くなることがありますが、ほとんどの場合は鼓膜の修復により戻ります。ただし、鼓膜が解消を受けて穴が開いてしまうと、本来は鼓膜に隔てられて無菌状態である中耳に細菌などが侵入することから、中耳炎のリスクが高まります。
鼓膜の穴が閉じない場合は鼓膜形成術などの手術が必要になります。人工鼓膜を挿入する鼓膜穿孔閉鎖術の場合、手術自体は30分程度で済み、日帰りで受けることも可能です。

水疱性鼓膜炎

鼓膜表面に水疱ができ、痛みや聞こえにくさといった症状が現れます。水疱が破れてしまうと出血する場合もあります。水疱性鼓膜炎のはっきりした原因はまだわかっていませんが、インフルエンザなどのウイルス感染が関わっているとみられています。わずかな出血なので止血の必要はありませんが、炎症を抑えることと感染防止は必要です。

中耳炎

中耳炎は耳だれを伴うことが多く、膿や滲出液などに血液が混入したものが出てくることがあります。小さなお子さんに多いのですが、大人がなることもあります。症状が出たら早めに受診して、出血箇所をきれいに処置し、止血を行います。ただ、再発することが多く、進行してしまうと骨を溶かすこともあります。そのため、中耳炎になったらしっかりと治療を受けることが重要です。中耳炎はほとんどの場合、急性中耳炎から始まります。急性中耳炎をしっかり治しきれば、他の中耳炎に進行させるリスクを減らすことができます。逆に、急性中耳炎の治療を途中でやめてしまうと、滲出液が鼓室に溜まる滲出性中耳炎や鼓膜に空いた穴が塞がらない慢性中耳炎になる可能性があります。
中耳炎を繰り返すと、上皮組織が球状に増殖する真珠腫性中耳炎や鼓膜が中耳粘膜に癒着する癒着性中耳炎に移行することもあり、こうなってしまうと鼓室形成手術で鼓室の再建が必要になります。症状が軽いうちにきちんと治しきるためにも、医師の指示を守りましょう。

よくある症状メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集