耳のかゆみの原因と治療方法

耳がかゆい!そんな時は

概要耳のかゆみがある場合、外耳道炎が考えられます。外耳道炎とは、外耳道の皮膚の炎症で、耳がかゆくなったり痛くなったりする病気です。入浴後などのタイミングで毎日耳掃除をしている人がなりやすく、若い女性に多いです。炎症がひどくなると、余計にかゆくなります。耳垢は毎日全て取る必要はなく、耳垢を全部取ってしまうと、外耳道皮膚をコーティングしている防御がなくなってしまい、湿疹性外耳道炎になりやすくなってしまいます。

原因と治療

原因と治療耳掃除をし過ぎたり、補聴器を使っていたりすると、耳の中に炎症を起こす外耳炎になってしまう場合があります。鼓膜の外側を外耳道といいますが、この部分に湿疹ができている場合は塗り薬などを処方します。湿疹だけでなく、細菌感染症があり耳だれが出ている場合には内服薬や点耳薬を使用します。
耳の中で真菌(カビ)が繁殖して外耳道真菌症になると、かゆみやじゅくじゅくする感じが長引くことがあります。この場合は、耳の中を洗うなどの処置にこまめに通っていただく必要があります。放っておいて悪化してしまうと治療が長引きますので、お早めにご来院ください。

考えられる疾患

外耳炎、外耳道真菌症

外耳は、耳介と外耳道からなり、外耳道は外側半分の軟骨部、内側半分の骨部に分かれます。外耳道には定在菌と呼ばれる細菌や真菌(カビ)が常に存在し、その数のバランスが保たれていると炎症は起こらないのですが、何らかの理由でそのバランスが崩れてある菌だけが増殖していまうと、感染を起こしてしまいます。
外耳炎や外耳道真菌症の原因は、耳そうじなどによる皮膚の損傷、中耳炎からの耳漏刺激、点耳薬などの薬物刺激、アレルギーなどです。
症状としては疼痛、かゆみ、耳だれなどで、炎症による角化物(耳垢)が堆積したり、耳だれが溜まったりすると、難聴や耳閉感を伴う場合もあります。
治療では局所の清掃や消毒を行います。感染が疑われる場合には抗生剤の点耳薬が処方され、真菌が認められる場合は抗真菌剤を使用します。炎症の程度が強いと、ステロイドの局所使用が有効な場合がありますが、これは副作用の点から短期間の使用に限られます。かゆみが強い場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、抗不安剤などの内服薬が処方されます。外耳炎はまれに治癒までに時間がかかり、頻回の通院による局所処置が必要となる場合もあります。
耳外耳炎の原因の一つに耳そうじのやり過ぎが挙げられます。特に、竹製などの耳かきで何回も皮膚をこすると、皮膚の表面がけずれて滲出液が生じ細菌が増殖しやすくなってしまいます。結果として、耳に強いかゆみが生じ、ますます耳をこするという悪循環が起こります。ごくまれですが、頻回の耳そうじによる慢性刺激が原因と考えられる外耳の癌の報告もありますので、耳そうじはあまりやり過ぎず、入浴後は綿棒で耳の穴の入り口付近をぬぐう程度にしたほうが良いでしょう。

よくある症状メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集