耳の奥が痛い!原因と治療方

耳の奥が痛い!そんな時は

概要耳は、痛みに敏感な場所です。耳の痛みを感じて耳鼻科を受診する方は年代問わずいらっしゃいますが、小さなお子様の場合は急性中耳炎、大人の場合は外耳炎や急性外耳道炎にかかっていることが多いです。
耳の奥に痛みを感じる時は、耳の中が炎症しているケースがほとんどですが、中には耳に異常がなく、耳で咽やリンパ節の痛みを感じているパターンもみられます。

考えられる疾患

急性中耳炎

急性中耳炎とは、細菌が中耳腔へ感染することによって起こる中耳炎です。ほとんどの場合、鼻の奥(上咽頭)の細菌が耳管を経由して中耳腔へ侵入することで感染します。急性中耳炎は多くの場合、風邪と同時に発症し、耳の痛みや耳だれが主な症状です。感染がひどく中耳腔に膿汁が溜まってしまうと、痛みが激しくなり、発熱することもあります。
内服薬の中に感受性を持つ抗生物質がなく、中耳炎が遷延して発熱の原因となったり肺炎などの合併症が生じたりしている場合には、入院による点滴治療が必要となる場合もあります。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の一部が内側(中耳)に陥凹したことで起こる中耳炎です。先天性真珠腫の場合は鼓膜に関係なく中耳に存在します。鼓膜の表面は、外耳道の皮膚と連続しているため、角化物(垢)が出ます。通常、その垢は皮膚の自浄作用によって外側に耳垢として排泄されますが、鼓膜が陥凹するとその内側に角化物が溜まりやすくなります。この角化堆積物が、細菌や真菌の培地となってしまい、感染や炎症を引き起こします。そうして周囲の骨を破壊しながら増していきます。
なお、真珠腫性中耳炎の多くは鼓膜の陥凹によって発生しますが、鼻すすりの癖を持っている人は、そうでない人の約10倍の確率で鼓膜が陥凹するというデータがあります。これは鼻すすり癖が真珠腫性中耳炎の一因となっている可能性があるということです。鼻すすりが癖になっている人はやめるようにしましょう。

外耳炎、外耳道真菌症

外耳は、耳介と外耳道からなり、外耳道は外側半分の軟骨部、内側半分の骨部に分かれます。外耳道には定在菌と呼ばれる細菌や真菌(カビ)が常に存在しており、その数のバランスが保たれていると炎症が起こることはありません。しかし、何らかの理由でそのバランスが崩れて、ある特定の菌だけが増殖してしまうと感染を起こします。軟骨部の皮膚には、皮脂腺や毛嚢があるため、細菌感染が起きやすいとされています。症状としては疼痛、かゆみ、耳だれなどです。炎症による角化物(耳垢)が堆積したり、耳だれが溜まっていると、難聴や耳閉感を伴うこともあります。外耳炎は、耳そうじのやり過ぎによって発症するケースもあります。ごくまれに、頻回の耳そうじによる慢性刺激が原因と考えられる外耳の癌の報告もありますので、耳そうじは入浴後に綿棒で耳の穴の入り口付近をぬぐう程度にするのが良いでしょう。

鼓膜炎

鼓膜炎とは、鼓膜には裂傷がなく、鼓膜自体が炎症している状態です。鼓膜に水疱ができ、出血を伴う耳漏(耳だれ)がみられることもあります。発症すると耳の奥の痛み、かゆみ、耳鳴り、軽度の難聴などが起こります。原因としては、外耳道炎や耳垢塞栓などによる炎症、風邪などのウイルス感染が考えられます。

急性扁桃炎

扁桃にはさまざまな細菌が潜んでいます。この扁桃の細菌が、風邪やウイルスに感染したり、疲労が溜まると、口蓋垂(のどちんこ)の左右にひとつずつある口蓋扁桃に急性の炎症が起こります(急性扁桃炎)。発症すると38℃以上の発熱、喉の痛み、飲み込む時の痛み、だるさ、悪寒、首のリンパ節の腫れなどがみられます。
扁桃の炎症を抑える目的でネブライザーを使ったり、抗生剤の処方を行いますが、進行具合によっては抗生剤を点滴します。また、急性扁桃炎を年に45回以上繰り返している(反復性扁桃炎)場合は扁桃摘出術を検討することをおすすめします。急性扁桃炎にはいくつか種類があり、その中のひとつであるEBウイルスによる伝染性痰核球症にかかると、一時的ではあるものの肝機能に障害が起こります。急性扁桃炎は単なる風邪と混合されることもありますが、放置すると重症化につながることがあります。
初期段階では扁桃の外側まで炎症が広がって扁桃周囲炎となり、その後は扁桃の周りに膿が溜まる扁桃周囲膿瘍、次に膿が首の深くまで降りてくる深頸部膿瘍、最終的に膿が心臓の周囲まで降りてくる縦隔膿瘍まで発展していくケースもあります。深頸部膿瘍や縦隔膿瘍の段階にまで発展することは珍しいですが、万が一なってしまった場合は生命に関わることもあります。

扁桃周囲炎

扁桃周囲炎は、扁桃の周辺組織に菌が広がって強い炎症を起こしている状態です。扁桃炎が扁桃の中でなおかつ扁桃の両側に起こるのに対して、扁桃周囲炎の場合は扁桃の周囲組織でなおかつ左右どちらか片側に起こることがほとんどです。治療では、原因となっている嫌気性菌の抗生剤を点滴します。また、膿を出すために口の奥にある軟口蓋を切り開くこともあります。

扁桃周囲膿瘍

扁桃周囲炎が進行し、扁桃の被膜の外に膿が溜まっている状態が扁桃周囲膿瘍です。高熱や、食べることもままならないような激しい痛みが出るのが特徴で、一方の扁桃にのみ発生することがほとんどです。悪化すると首が腫れ、開口にも支障が出ます。口蓋扁桃の炎症が悪化することで発症しますが、炎症が扁桃の被膜を越え、周囲の組織にまで広がることがあります。やがて軟口蓋など周囲の組織が腫れて、膿が生じます。
内服・点滴治療を行い、膿瘍に進展している場合は穿刺や切開が必要になり、3日~1週間程度の入院となります。扁桃周囲炎・膿瘍を繰り返している場合にも同様の手術を行います。症状がひどくなって開口障害になると食事や水分補給がままならないため、点滴から栄養や水分を十分に補給します。場合によっては点滴に抗菌薬などを入れたり、膿を出すための切開処置も必要となります。

顎関節症

顎関節症といえば、口を大きく開けられない、顎がよく外れそうになるなどの症状が挙げられますが、中には耳の痛みが出ることもあります。顎関節症は歯の噛み合わせが悪いことから耳の少し前にある顎の関節(顎関節)に支障をきたしているので、まずは歯科医院で歯の噛み合わせを診てもらいます。ただ、中には顎関節症の治療を行っていない歯科医院もあるので、電話で確認してから受診すると良いでしょう。

頸部リンパ節炎

頸のリンパ節に炎症が起こった状態を頸部リンパ節炎といいます。中でもウイルスや細菌などによる急性感染性リンパ節炎が最も多く、発症すると痛みや腫脹がみられます。結核性のリンパ節腫脹の場合は、がんの転移性リンパ節ではないかどうかをきちんと判別しなくてはいけません。
また、喉やむし歯の炎症が起こると、頸部のリンパ節が感染の広がりを防ぐ役割を果たし、リンパ節炎につながります。リンパ節腫脹は小指の頭大の大きさで、押すと痛みを伴いますが、扁桃炎が治っていくとともに目立たなくなります。もしも徐々にリンパ節が大きくなったら精密検査を受けてください。扁桃炎に加えて、首に親指よりも大きなリンパ節の腫れが複数あり、痛みがある場合は伝染性単核球症が疑われます。これはEBウイルスによる感染症です。
慢性リンパ節炎の場合、慢性咽頭炎や扁桃炎が原因となっていることが多く、痛みは軽いものの、23カ月腫脹が続きます。リンパ節炎は咽頭炎、扁桃炎に伴って発症することがほとんどなので、原因疾患を治療すれば症状が収まっていきます。ただ、病原細菌の感染力が強い場合や抗生剤投与が適切でない場合、または糖尿病などの基礎的な病気があって抵抗力が落ちている場合は、炎症が進んで膿を形成して重症化することもあるので注意が必要です。

外耳道異物

外耳道は、25~35㎜程度の大きさでS字の筒状になっており、外側半分が軟骨部、内側半分が骨部に分かれています。外耳孔を通じて外界に開放されているので、さまざまな異物が入る可能性があります。
お子さんの場合、小石やビーズ玉、玩具の銃の弾などが入ってしまうことがあります。大人の場合は、耳かきや綿棒の先端が耳掃除中に折れて残ってしまうことが多いようです。昆虫などの生物が外耳道に迷入してしまうこともあります。
外耳道に異物が入ると、耳の痛み、耳鳴り、違和感、出血などが起こります。治療は異物の摘出ですが、外耳道の突き当たりは鼓膜ですので、鼓膜を損傷しないように気をつける必要があります。ほとんどの場合は外来で摘出可能ですが、疼痛が激しい場合や小さなお子さんの場合には、入院して全身麻酔下で摘出しなければならないこともあります。
もし、耳の中に異物が入ってしまったら、無理に取ろうとせずにすぐに当院までご連絡ください。綿棒などで取ろうとすると、異物をさらに奥の方に押し込んでしまうことがあり、摘出がより困難になってしまいます。

治療

急性中耳炎では、抗生剤の内服が基本ですが、鼓膜の腫れが強い場合は鼓膜を切開して膿を抜きます。鎮痛剤は基本的には飲み薬で、痛みがひどい場合は座薬も処方します。外耳炎では耳をいじらないようにし、抗生剤や消炎鎮痛剤を処方します。急性扁桃炎や頸部リンパ節炎でも抗生剤と消炎鎮痛剤の内服が基本ですが、扁桃周囲膿瘍などになっている時には、口の中から膿瘍を切開して膿を出します。

よくある症状メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集