アブミ骨手術

アブミ骨手術

アブミ骨手術アブミ骨の振動が悪化している場合には、アブミ骨そのものを摘出して軟骨で耳小骨の連鎖を再形成したり、アブミ骨の底板(内耳と接触している部分)に孔をあけて人工耳小骨を挿入したりします。アブミ骨の固着が軽度の場合には、処置によりアブミ骨の可動性を回復させることもあります。

処置できる症状

アブミ骨手術3つの耳小骨のうち、最深部にあるアブミ骨の動きが悪くなり、鼓膜からの振動が内耳に伝わりにくくなって難聴になってしまう病気です。耳硬化症になると、アブミ骨底板の周囲に「海綿様骨変化」といわれる病的な骨が発生します。この骨病変がアブミ骨底板まで及んでしまうと、アブミ骨自体の動きが悪くなり、伝音難聴になってしまいます。悪化すると混合性難聴や感音難聴を発症する恐れもあります。
耳硬化症が発症する原因としては、遺伝的要因や麻疹ウイルスによる潜在感染の関与などの報告がありますが、はっきりとはわかっていません。
通常、20~40代で発症することが多く、男性より女性の方が発症しやすいといわれています。難聴の進行は緩徐ですが、女性の場合は妊娠や出産を機に急速に難聴が進んでしまうこともあります。
耳硬化症では耳痛や耳漏が生じることはなく、伝音難聴が徐々に進行していきます。思春期以降に進行する伝音難聴がある場合には、耳硬化症の可能性があります。耳硬化症は手術治療で改善できる可能性があります。最近、耳の聞こえが悪くなったと感じている方は当院までご相談ください。

耳の手術メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集