耳詰まりの原因と治療方法

耳がつまる感じとは?

概要耳がつまる感じというのは、専門用語では耳閉感(じへいかん)といいます。耳閉感はごくありふれたものであり、誰でも一度は経験している症状です。

原因

耳に水が入っている感じ、ふたをしているような感じ、ボワーンとした感じは、外耳、中耳、内耳のいずれかに原因があって起こります。
外耳の場合は、耳垢、綿棒の先などの異物、プールや入浴で入った水、外耳炎の腫れや分泌物の鼓膜への付着などが原因となっています。中耳の場合は、風邪に伴って鼻の奥と耳をつなぐ耳管が腫れ、中耳の空気圧の調整がうまくできない状態(耳管狭窄症)、加齢や体重減少で耳管が開き過ぎた状態(耳管開放症)、中耳に水が溜まった状態(滲出性中耳炎)などが原因で耳のつまりが感じられます。内耳の場合は、低音部の内耳性難聴で耳のつまり感を訴えることが多く、金属音が耳ざわりに感じたり、ワーンという耳鳴りやめまいを伴うこともあります。これは急性低音障害型感音難聴、メニエール病、突発性難聴などでよくみられる症状です。

診察

問診では、聞こえは悪くないか、風邪をひいていなかったか、耳に何か異物を入れなかったか、大きなストレスを感じていなかったかなどについて確認します。顕微鏡もしくは内視鏡で耳の中を丹念に診ることで外耳や中耳の病変がおおよそ把握できます。外耳、中耳に異常がなければ内耳の疾患の可能性が高くなります。中耳炎があれば鼻の中もよく診る必要があります。

検査

聴力検査で難聴の有無を調べた上で、もし難聴があれば伝音難聴なのか感音難聴なのかを調べます。伝音難聴であれば滲出性中耳炎の可能性が高くなりますので、ティンパノメトリィで鼓膜の響きやすさを確かめる必要があります。

考えられる疾患

外耳に原因がある耳閉感

耳垢栓塞

耳垢が詰まり過ぎると、耳を塞いで「耳垢栓塞」と呼ばれる状態になり、難聴を引き起こします。それを無理に取り除こうとして耳かきで傷つけてしまい、外耳炎になってしまうこともあります。耳垢の除去は保険診療で行うことができますので、耳掃除だけでも遠慮なくお越しください。
治療では、顕微鏡で耳の中を見ながら、専用の器具で耳垢を取り除いていきます。痛みもないため、耳掃除のために半年に1回程度のペースで定期的に来院される方も多くおられます。

外耳炎

外耳は、耳介と外耳道からなり、外耳道は外側半分の軟骨部、内側半分の骨部に分かれます。外耳道には定在菌と呼ばれる細菌や真菌(カビ)が常に存在しています。通常はその数のバランスが保たれているために炎症は起こらないのですが、何らかの理由でそのバランスが崩れると、ある菌だけが増殖していまい、感染を起こします。軟骨部の皮膚は、皮脂腺や毛嚢があり細菌感染が起きやすい場所です。また真菌は骨部外耳道に生じることが多いとされています。
外耳炎の原因としては、耳そうじなどによる皮膚の損傷、中耳炎からの耳漏刺激、点耳薬などの薬物刺激、アレルギーなどが挙げられます。
症状は疼痛、かゆみ、耳だれなどです。炎症による角化物(耳垢)が堆積したり、耳だれが溜まったりすると、難聴や耳閉感を伴うこともあります。
治療は基本的に局所の清掃、消毒です。感染が疑われる場合には抗生剤の点耳薬が処方され、真菌が認められる場合には抗真菌剤を使用します。炎症の程度が強い時はステロイドの局所使用が有効な場合がありますが、副作用の点から短期間の使用に限られます。
かゆみが強い場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、抗不安剤などの内服薬が処方されることもあります。外耳炎は状態によって治癒までに時間がかかることもあり、頻回の通院による局所処置が必要となるケースもあります。
耳そうじのやり過ぎで外耳炎が起こることもあります。特に竹製などの耳かきで何度も皮膚をこすると、皮膚の表面がけずれて滲出液が生じ、細菌が増殖しやすくなってしまいます。結果として、耳のかゆみが生じ、ますます耳をこすってしまうという悪循環が生まれます。ごくまれですが、頻回の耳そうじによる慢性刺激が原因と考えられる外耳の癌の報告もありますので、耳そうじはやり過ぎず、入浴後は綿棒で耳の穴の入り口付近をぬぐう程度にすべきでしょう。

外耳道異物

外耳道は25~35㎜のS字の筒状になっており、外側半分が軟骨部、内側半分が骨部に分かれています。外耳道は外耳孔を通じて外界に開放されているため、さまざまな異物が入る可能性があります。小さなお子さんでは、小石やビーズ玉、玩具の銃の弾などが入りやすく、大人は耳掻きや綿棒の先端が耳掃除中に折れて残ってしまうことが多いようです。また、昆虫などの生物が外耳道に迷入してしまうこともあります。
症状は、耳の痛み、耳鳴り、違和感、出血などです。治療で異物を摘出しますが、外耳道の突き当たりは鼓膜ですので、鼓膜を損傷しないように気をつけなければなりません。ほとんどの場合は外来で摘出可能ですが、疼痛が激しい場合や小さなお子さんの場合には、入院して全身麻酔下で摘出することもあります。
もし耳の中に異物が入ってしまったら、無理に取ろうとせずにすぐに当院までご連絡ください。綿棒などで取ろうとすると、かえって奥まで押し込んでしまうことがあり、摘出が困難になってしまいます。

中耳に原因がある耳閉感

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、耳と鼻の奥をつないでいる耳管の機能不全や副鼻腔炎、アデノイド増殖症といった鼻の病気が原因で、鼓室(鼓膜の奥の空間)に滲出液が持続的に溜まる病気です。急性中耳炎とは異なり痛みがほとんどなく、多くは軽度の難聴や違和感、耳閉感を伴いますが、無症状の場合もあります。
幼児期、学童期前半までのお子さんに多く、10歳を過ぎると自然に軽快することがほとんどですが、放置すると鼓膜が薄くなり、鼓室の壁と癒着してしまう癒着性中耳炎や、鼓膜が鼓室の奥に陥凹してできる真珠腫性中耳炎になる可能性があります。
治療は抗生剤(マクロライド系)の内服や粘液調整剤の投与や、耳管から鼓室に空気を送る通気療法が行われます。保存的な治療で改善しない場合には、鼓膜を切開して貯留液を吸引除去していきます。
何度切開しても貯留液が溜まる場合には、鼓膜に換気用のチューブを留置します。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、アデノイド増殖症が原因となっている場合には、それらの治療も並行して行います。

好酸球性中耳炎

好酸球性中耳炎とは、中耳の粘膜に血球の一つでアレルギー疾患と関連がある好酸球が浸潤し、にかわ状の滲出液が溜まる中耳炎です。難治性であり、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、気管支喘息が合併していることがほとんどです。
にかわ状の硬い貯留液が中耳腔に溜まることにより、難聴(伝音難聴)や耳閉感、耳鳴りなどが生じます。特に喘息の発作時に増悪することが多く、発作の軽快とともに耳の症状が治まることもあります。しかし、状態によっては内耳に障害を与え、治癒不能な難聴(感音難聴)を引き起こすこともあります。
貯留液の除去方法としては鼓膜切開や鼓膜換気チューブ留置があります。また、ステロイドの鼓室内投与や全身投与も効果的です。感音難聴が生じた場合もステロイドの投与を行いますが、必ずしも聴力改善が認められるわけではありません。また、気管支喘息を伴うため、内科や呼吸器科の医師との連携も重要となります。
喘息の治療を行っている場合、自己判断で治療を中断したりせずに医師の指示に従うことが大切です。

内耳に原因がある耳閉感

低音障害型感音難聴

低音障害型感音難聴とは、低音部の周波数のみが聞こえにくくなる病気です。ある日突然、「耳に水が入ったような詰まった感じ」「耳抜きをしたくなる感じだが、耳抜きをしてもスッキリしない」「音が耳にビンビン響いたり、割れて聞こえて不快」「ゴーという、低くうなるような耳鳴りを感じるが、聞こえは悪くない」という状態になります。原因は不明ですが、強いストレス、睡眠不足、疲れや体調不良などをきっかけに、繰り返し起こるようになります。特別な治療をしなくても、基本的には自然に回復して、同様のきっかけで繰り返します。半日くらいで自然に回復することもありますが、2週間ほど長引くこともあります。症状が2~3日続く場合には受診してください。治療では、耳の神経の調子を整える目的でビタミン剤や耳のめまいの薬などが使われます。

メニエール病

メニエール病とは、難聴や耳鳴りを伴うめまい発作が繰り返して出現する病気です。平衡感覚をつかさどる前庭・半規管の中には内リンパ液が存在しますが、その内リンパ液が何らかの原因で異常に多く貯留し、前庭・半規管機能が障害されることで発症すると考えられています。鼓膜の振動を電気信号に変える蝸牛は前庭とつながっているため、めまいに伴って難聴や耳鳴りも出現します。
症状は、繰り返す回転性のめまい発作と、それに伴う難聴(特に低音部)や耳鳴りです。
難聴や耳鳴りはめまいが治まると改善されることが多いですが、発作を繰り返すにつれ、徐々に増悪することもあります。
軽症の場合には、抗めまい剤や利尿剤の一種(イソソルビド)などの内服で、多くは症状が緩和されます。その他、循環改善剤や自律神経調節剤、めまいに対する不安を抑えるために精神安定剤を使用することもあります。
これらの薬剤で症状が改善されない場合、鼓室(鼓膜の奥の空間)にある種の抗生物質(ゲンタマイシンなど)を注入する方法もあります。
これらの治療が無効でめまいがひどく、日常生活が高度に障害される場合には、手術的な治療を選択することがあります。内リンパ嚢は蝸牛や前庭・半規管内の内リンパ液の吸収に関与していると考えられています。内リンパ嚢開放術でこの内リンパ嚢を開放することで、増加した内リンパ液を減少させて症状が改善されます。また、前庭・半規管からの信号は、前庭神経を通じて脳に送られます。前庭神経切断術でこれを切断し、めまいの原因となる前庭・半規管からの異常な信号を遮断することで症状を減少させます。難聴が高度の場合、前庭・半規管からの異常信号を除去する目的で、これらの器官を削開除去する方法があります。ただ、聴力は廃絶してしまいます。

治療

外耳道の異物や耳垢栓塞では、これらを取り除けば耳閉感は治ります。外耳炎では耳の消炎処置と抗生剤内服などを行います。滲出性中耳炎、好酸球性中耳炎では、まずは鼓膜切開やチュービングで鼓室内の貯留液を除去します。鼻や副鼻腔に炎症を伴っていることが多いため、鼻処置やネブライザー療法も必要です。マクロライドの少量長期療法や、抗アレルギー剤内服を行うこともあります。好酸球性中耳炎では、中耳に直接ステロイドを注入する治療を行います。内耳疾患で耳閉感を生じるのは「内リンパ水腫」という病態が原因となっていることが多いので、これを取り除くことが必要です。できるだけストレスを避け、高浸透圧利尿剤を内服します。内耳の代謝を助けるために、ビタミンB12やアデホスなどを内服することもあります。

よくある症状メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集