耳だれの原因と治療方法

耳だれとは?

耳だれは耳漏(じろう)とも呼ばれる、耳の穴から出てくる分泌物の総称です。外耳からの耳だれは透明でサラサラ、中耳からの耳だれは粘っていて膿が混じっていることが多いです。細菌に感染すると、外耳の耳だれも中耳の耳だれのようなタイプになります。

原因

原因デリケートでとても柔らかい耳の皮膚は、それゆえに湿疹が広がりがちです。耳の入り口から、鼓膜までの音の通り道である外耳道まで湿疹が広がってしまうことも珍しくありません。
そもそも、外耳道は皮脂腺などの汗腺の一種が豊富で、さらにうぶ毛も生えているので、分泌物や耳垢が付着しやすい環境が整っているのです。そこに湿疹ができて、かゆみや違和感からかきむしってしまうと皮膚の一部がはがれて炎症が起き、耳だれが出てしまいます(外耳炎)。これはプールで耳に水が入った時にも起こることがあります。
耳だれは細菌が感染することが原因ですが、中でも小さなお子様が風邪をひいた後に起こしやすい急性中耳炎でみられることが多いです。また、急性中耳炎から移行する慢性中耳炎でもみられます。小さなお子様は鼻と中耳をつなぐ耳管が水平で短いことから中耳炎を起こしやすい傾向にあります。お子様が頻繫に耳をかいていたり、妙に耳を気にしているような時には注意深く観察し、早めに受診させましょう。

診察

まず、最近風邪をひいていなかったか、これまでにも耳だれが出たことはあるのか、痛みはあるのか、聞こえに問題はないかなどについて問診します。どこから耳だれが出ているのかを調べるために顕微鏡で耳の中を観察し、耳だれを吸引した後に外耳道や鼓膜の状態をみていきます。

検査

病原菌の種類と、どのような抗菌剤が効果的なのかを調べるため、耳だれを綿棒で採取して培養検査を行います。結果が出るまで数日かかります。中耳炎の場合は聴力検査や耳のCT検査を行います。

考えられる疾患

急性中耳炎

急性中耳炎とは、細菌が中耳腔へ感染することによって起こる中耳炎です。ほとんどの場合、鼻の奥(上咽頭)の細菌が耳管を経由して中耳腔へ侵入することで感染します。急性中耳炎の患者様にお子さんが多いのは、お子さんは耳管が大人と比べて短く真っすぐであり、細菌が中耳へ侵入しやすいためといわれています。
急性中耳炎は多くの場合、風邪と同時に発症します。主な症状は耳の痛みや耳だれです。感染がひどく中耳腔に膿汁が溜まってしまうと、痛みが激しくなり、発熱することもあります。
最近、通常の抗生物質に抵抗する難治性の急性中耳炎が増加しています。安易な抗生物質の投与による細菌の耐性化(特に肺炎球菌、インフルエンザ菌)が原因の一つと考えられており、抗生剤の使用基準を厳密にする動きがあります。また、乳幼児期、特に3歳頃までは免疫機能が確立されないため、中耳炎が重症化する確率がやや高くなると考えられていますが、この時期における集団保育の関与も否定できません。
内服薬の中に感受性を持つ抗生物質がなく、中耳炎が遷延して発熱の原因となったり、肺炎などの合併症が生じている場合には、入院による点滴治療を行うこともあります。

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは、急性中耳炎の遷延や外傷などによって生じた鼓膜の穿孔が閉鎖せず残存して起こる中耳炎です。元来、鼓膜は再生能力の強い器官であり、生じた穿孔は自然に閉鎖することがほとんどですが、炎症などの原因で自然閉鎖できない場合があります。すると、鼓膜の裏側(中耳腔)が外気にさらされてしまい、慢性の炎症が持続します。
症状としては、鼓膜の穿孔による難聴(伝音難聴)、炎症による耳だれです。炎症が長期化すると、粘膜の肥厚や石灰化によって音を伝える耳小骨の可動性が低下し、難聴が進行します(伝音難聴)。また、振動を電気信号に変換する器官である蝸牛の機能も炎症によって徐々に低下する場合があります(感音難聴)。伝音難聴と感音難聴が重なった混合難聴を引き起こすこともあります。耳だれは風邪をひいていたり、体調が悪い時に出てきます。
病変が鼓膜に限局している場合、手術による鼓膜の閉鎖(鼓膜形成術、接着法)が必要です。耳小骨に障害がある場合は、鼓膜から蝸牛への音の伝わり方を変える手術になります(鼓室形成術)。耳だれが継続して起きている場合には、まず内服薬や点滴で耳だれを止め、その後手術をすることもあります。手術時間は、鼓膜形成術の場合30分程度で終わり、入院期間は2日間程度です。鼓室形成術の場合は、状態にもよりますが1時間半~2時間程度で手術が終わり、入院期間は4~5日間程度になります。いずれの手術も、局所麻酔で行うことがほとんどです。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の一部が内側(中耳)に陥凹したことで起こる中耳炎です。先天性真珠腫の場合は鼓膜に関係なく中耳に存在します。鼓膜の表面は、外耳道の皮膚と連続しているため、角化物(垢)が出ます。通常、その垢は皮膚の自浄作用によって外側に耳垢として排泄されますが、鼓膜が陥凹するとその内側に角化物が溜まりやすくなります。この角化堆積物が、細菌や真菌の培地となってしまい、感染や炎症を引き起こし、周囲の骨を破壊しながら増していきます。
中耳には大切な器官がたくさんあります。真珠腫性中耳炎によって音を伝える耳小骨や音を電気信号に変える器官である蝸牛が壊されてしまうと、難聴になります。特に、蝸牛の機能の低下を手術で治すことは現段階では不可能です。また、平衡感覚を司っている半規管が破壊されると、めまいが起きやすくなります。中耳には顔面神経が走行していますので、真珠腫によって顔が曲がってしまうこともあります。さらには臭いのする耳だれがよく出るようにもなります。
真珠腫性中耳炎は、基本的には手術による真珠腫除去で治療を行います。鼓膜の陥凹が浅い場合には経過を観察したり、鼻からカテーテルによって空気を送る方法(通気療法)をとるケースもあります。手術時間は病変の程度で変わりますが約2~3時間で、5~6日間の入院になることがほとんどです。手術中にめまいが生じる危険がないと思われる症例には、局所麻酔で行います。
なお、真珠腫性中耳炎の多くは鼓膜の陥凹によって発生しますが、鼻すすりの癖を持っている人は、そうでない人の約10倍の確率で鼓膜が陥凹するというデータがあります。これは鼻すすり癖が真珠腫性中耳炎の一因となっている可能性があるということなので、鼻すすりが癖になっている人はやめるようにしましょう。

外耳炎、外耳湿疹

外耳は、耳介と外耳道からなり、外耳道は外側半分の軟骨部、内側半分の骨部に分かれます。外耳道には定在菌と呼ばれる細菌や真菌(カビ)が常に存在し、その数のバランスが保たれていると炎症は起こらないのですが、何らかの理由でそのバランスが崩れてある菌だけが増殖していまうと、感染を起こしてしまいます。
外耳炎や外耳湿疹の原因としては、耳そうじなどによる皮膚の損傷、中耳炎からの耳漏刺激、点耳薬などの薬物刺激、アレルギーなどが挙げられます。
症状としては、疼痛、かゆみ、耳だれなどです。炎症による角化物(耳垢)が堆積したり、耳だれが溜まったりすると、難聴や耳閉感を伴う場合もあります。
治療は基本的に局所の清掃、消毒です。感染が疑われる場合には抗生剤の点耳薬が処方され、真菌が認められる場合は抗真菌剤を使用します。炎症の程度が強いと、ステロイドの局所使用が有効な場合がありますが、これは副作用の点から短期間の使用に限られます。かゆみが強い場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、抗不安剤などの内服薬が処方されます。外耳炎はまれに治癒までに時間がかかり、頻回の通院による局所処置が必要となる場合もあります。
耳外耳炎の原因の一つに耳そうじのやり過ぎが挙げられます。特に、竹製などの耳かきで何回も皮膚をこすると、皮膚の表面がけずれて滲出液が生じ細菌が増殖しやすくなってしまいます。結果として、耳に強いかゆみが生じ、ますます耳をこするという悪循環が起こります。ごくまれですが、頻回の耳そうじによる慢性刺激が原因と考えられる外耳の癌の報告もありますので、耳そうじはあまりやり過ぎず、入浴後は綿棒で耳の穴の入り口付近をぬぐう程度にしたほうが良いでしょう。

治療

まずは耳だれを吸引するか、綿棒で拭き取って、よく清掃した後、抗菌薬の内服や耳浴液で細菌の増殖を抑えていきます。急性中耳炎では鼻炎や副鼻腔炎が原因となっていますので、鼻汁を吸引してネブライザー療法なども行います。耳漏を繰り返す原因として、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎がある場合は手術を行うこともあります。

よくある症状メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集