サーファーズイア(外耳道外骨腫)

サーファーズイア(外耳道外骨腫)

サーファーズイア(外耳道外骨腫)サーファーズイアとは、慢性の冷水刺激によって外耳道の骨増殖が起こり、外耳道の狭窄が生じる疾患です。病理学的には外耳道外骨腫または外耳道骨腫と呼ばれています。サーファーがかかりやすい病気であることから、サーファーズイアという名前がついています。
サーファーズイアは、狭窄の程度が軽度な場合は自覚症状がほとんどありません。狭窄が高度になってくると、海水が抜けにくくなり外耳炎の原因となります。外耳道が完全に閉鎖してしまうと、難聴(伝音難聴)が生じます。鼓膜がまったく見えないので中耳炎の処置ができず、急性乳様突起炎になってしまい、緊急手術が必要になるケースもあります。
治療には、手術による増殖骨の除去を行います。また、冷水刺激により骨増殖は増進するので、予防のためには冬期のサーフィンを中止したり、型を取った耳栓を装用することが有効です。ウォータースポーツ歴が長く、耳の聞こえが気になる方は一度当院までご相談ください。

症状

狭窄の程度が軽度な場合には、自覚症状はほとんどありません。
狭窄が高度になってくると、耳垢がたまったり耳垂れが出たりします。
外耳道が完全に閉鎖してしまうと、難聴(伝音難聴)が生じます。鼓膜がまったく見えないので中耳炎の処置ができず、急性乳様突起炎になり緊急の手術が必要となった例もあります。

治療

手術による増殖骨の除去です。また、冷水刺激により骨増殖は増進するので、冬期のサーフィン中止や型を取った耳栓の装用が予防に有効です。

術前(完全閉塞)

術前(完全閉塞)

術後

術後

耳の病気メニュー一覧
フタッフブログ お問い合わせ 患者様からのお便り マスコミ各社の報道 学術的活動 リンク集